ファスティングとは?

日本語で「絶食療養法」「絶食療法」を意味しているファスティング。

古来から民間療法として取り入れられている断食ですが、
このファスティングでは、目的や取り組み姿勢において、
昔ながらの断食とは意味合いが異なります。

今、ファスティングは、健康な人が自らの精神力や集中力をより高めたり、
肉体をより健康な方向へ改善したり、ストレス解消や
病気の予防のために行われています。

つまり、ファスティングにおける「断食」行為は苦行ではなく、
むしろ自己の意識を抑制・規制するといった精神練磨の一方法として
ポジティブに受け止めて行われています。

健康な人がさらに精神的・肉体的に健康になるために
行われるのがファスティングと言えるでしょう。

例えば、スポーツジムで精神と肉体を鍛えるような感覚に
なったことのある方はイメージしやすいでしょう。

ファスティングを行う人たちの意識は、まさにその
延長戦としてとらえられています。

ファスティングでの減量(ダイエット)だけが注目されやすい傾向にはありますが、
本来はダイエットのみを目的としてファスティングをする人は少ないのです。

そして、「水断食」のようなものとは意味合いが大きく異なっています。

なぜなら、ファスティングとは
一定の栄養源を撮りながら、余分な体脂肪を燃やし、
体内に蓄積された有害物質や老廃物を排出して血液循環を改善したり、
細胞を正常化するためのもの
だからです。

そうすると、体内でまさに革命のような変化が起こり、
体質改善につながるのです。

ファスティングによりダイエットが出来たり、
妊娠体質になったりという口コミがよくあるのはこのためです。

無理のないファスティングを取り入れることは
身体のパワーを高めることにつながるといえるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ